プンオパンアイス

2014.8.21

プンオパンアイス

『く、くるしい…』



と、今にもプンオの叫びが聞こえてきそうですね。



これは弘大で見つけたプンオパンアイスです。

『プンオパン』とは「フナ焼き」のことです。
(韓国では「タイ」焼きじゃなく「フナ」なのですね〜)

プンオパンの口にソフトクリームを入れちゃった
何ともアバンギャルドなスイーツ。

刺さっているのはフルーツのチョコフォンデュ
(確かブドウとバナナだったかな…)

店先にチョコレートファウンテンの機械があり、
目の前で作って刺してくれるのです。

「なんだろう?」ってみんな脚を止めるよね〜!
原宿のクレープ屋みたいに若い子が並んでいます。


ソフトクリームへのチョコのかけ方や、
ナッツのトッピングの仕方など、
なかなか繊細でしょ?!


さらにお腹の中身が「あんこ」か「カスタードクリーム」か選べます。

盛りだくさんなこの子!

お値段3000ウォンなり〜。

妥当、妥当。


インパクト100点満点!
SNSの話題にもってこいでしょ〜!

ただね・・・


食べづらさも100点満点!


お腹からアイスが漏れてくるんすよ。
ベタベタっすよ。


ソフトクリームが予想外のヨーグルト味なのと
お腹の中のクリームがね、なつかしの駄菓子屋のシュークリームの味がするの。

おいしくなくは、ない。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。